痛風 サプリ

痛風は体内の尿酸が増えすぎると起こります。歩けないほどの強い痛みがあり、尿酸値が高めの方にとっては気になる病気のひとつです。尿酸は通常尿とともに排出されますが、その妨げとなるのが肥満や運動不足です。特に内臓脂肪型の肥満には気を付けなければなりません。

 

中性脂肪は尿酸の産生を促すからです。痛風が不安な方の強い味方となるのが、糖代謝や尿酸値を下げる効果のある成分です。肥満、尿酸値の上昇を防いでくれます。当サイトでは、おすすめのサプリをご紹介しています。痛風の前兆、尿酸値の上昇が気になる方はぜひ。

 

白井田七の特徴

田七人参が糖代謝をUPして痛風から守ります。田七人参とつなぎの有機玄米のみを使用した、高品質な漢方系サプリ。無農薬・有機栽培なので安心です。田七人参は、血中の中性脂肪やコレステロールを分解し吸収を妨げる働きがあります。また糖代謝をUPして血糖値を下げる効果があり、肥満解消に嬉しい成分です。血液をサラサラにするので尿酸をスムーズに排出。1日目安4粒。予防として摂るのもおすすめ。人数限定、毎月お届け便なら初回3,980円(税別)。

価格 3,980円
評価 評価5
備考 1日目安4粒

 

慈凰の特徴

アンセリンで痛風の心配から守ってくれるサプリです。配合された海洋性アンセリンと菊花ポリフェノールなどが、尿酸の調整をサポート。また、ビタミンB群が代謝をUPし血行を促進してくれます。1日目安3粒、食後30分以内がおすすめです。これ以上、尿酸値を上げたくない方に。初回購入限定、お試し価格5,880円(税込)。

価格 9,800円
評価 評価4
備考 1日目安3粒

 

糖通打破の特徴

糖と巡りをコントロールして痛風から守るサプリです。キクイモや桑の葉エキスが糖の吸収を抑え、血糖値の急上昇を防いでくれます。アンセリンで尿酸をコントロールし、田七人参で排出へ。痛みに嬉しいハーブ、キャッツクロー配合で今ある辛さにも。1袋で約1ヶ月分。モニターコースなら、定期初回特別価格2,980円(税込)。

価格 2,980円
評価 評価3
備考 1袋で約1ヶ月分

 

痛風の症状と原因とは?

 

現在、痛風を患っていなくてももしかしたら痛風になってしまうことがあるかもしれません。そうならないように原因や症状などを理解して痛風にならないような対策を事前に行っておくといいでしょう。

 

では、早速ですが痛風の原因となるのは尿酸ですが、基本的に尿酸というのは尿によって排出されますが、肥満、運動不足、遺伝、体質などによって血液中の尿酸濃度が高くなってしまい、放置すると体内に蓄積され、それが尿酸塩の結晶になって関節に留まります。

 

この結晶に白血球が反応して痛風の発作がおこり激痛を伴った症状がでてきてしまいますが、予防する上で重要なのは尿酸を下げるということになります。尿酸を下げるにはどうすればいいのかというと、太らない、飲酒しすぎない、適度な運動をする、水分をしっかり摂取するということになります。

 

自分は痛風ではないと思っていてももしかしたら尿酸が蓄積されている可能性があります。ですので、肥満体質であったり運動不足であったり、また食事は脂ものを多く摂取するということがあれば健康診断を早めに受けて尿酸値の状態を把握するということが大切です。

 

また、痛風かどうかのチェック項目などもありますので、それでチェックしてみて疑いがあるのでしたら医師に相談することをオススメします。とにかく痛風になると痛みも強く歩けないことも出てきますので日常生活に支障が出てきてしまうことがあります。ですので、出来るだけ早めに自分の状態を把握して予防や改善をするということが大切です。

 

痛風の予防・改善法は?

 

運動不足を解消しよう

 

運動と痛風の関係性をしっかりと理解して予防や改善に努めてもらいたいのですが、以前だと激しい運動は痛風のリスクを高めてしまうという話があり、それによって運動を激しくしないという方もいらっしゃったと思いますが、今では適度な運動で体重を管理することが痛風予防に効果があるということがわかってきています。

 

もちろん激しい運動をするということで尿酸値が高まるのですが、水分をきちんと摂取して尿として尿酸を排出することが出来れば全く問題ありません。無理に激しい運動をするのではなく適度な運動、そして同時に水分補給をしっかりすれば痛風予防や症状緩和に繋がります。

 

痛風というのは食生活が乱れていたり内臓脂肪が多い方が発症してしまう傾向があり、栄養がバランスが崩れることで内臓脂肪は蓄積されやすくなります。ですが適度な運動と食事改善によって内臓脂肪は簡単に落とせますので、運動をして肥満防止に努めれば痛風のリスクを軽減することができます。もちろん前提として規則正しい生活をするということは大前提になると言う事を覚えておきましょう。

 

ただ、運動が効果的とはいっても激しい運動によって尿酸値が高まってしまうことがありますので治療中は運動は控えるようにしてください。

 

そもそも尿酸の元になるプリン体というのは激しい運動をすることで生成されて尿酸へ変化し、さらに乳酸が運動で蓄積されてしまうことで尿酸が血液中に蓄積されやすくしてしまいます。運動をするにしてもウォーキングなど無理ない有酸素運動をすることをオススメします。

 

食べ過ぎに注意!

 

痛風を予防したり改善したいというのであれば重要なのは食事です。急に痛風を発症してしてしまって食事制限をせざるを得なくなって辛いとしている方は多いです。痛風の仕組みですが、本来であればプリン体の老廃物である尿酸は尿として排出されますが、これが体内で蓄積されて結晶化してしまい、それが関節に悪影響を及ぼして痛みや炎症に発展してしまう病気です。

 

では痛風の原因は尿酸になるので、改善や予防法としては尿酸を増加させないようにすることが重要であり、その上でプリン体を減らさなければいけません。今までの痛風治療というのはプリン体を豊富に含有しているエビやレバーを食事制限するというものが一般的でした。

 

ですが、プリン体というのは食べ物からではなく体内細胞が作っていることがほとんどということ研究によりわかりました。

 

痛風の治療において重要なのはプリン体が作られにくい体質になることが重要であり、そうする為には何が必要なのかというとカロリー制限になります。ですので、プリン体が多く含まれる食事制限ではなく、カロリー制限を意識した食事をするようにしましょう。

 

もちろん、プリン体を食事から過剰摂取するということはもちろんよくないことです。ですのでカロリー制限しつつ、出来るだけプリン体が含まれていない食材を選ぶということも大切になります。

 

ちなみにレバーや魚介類、さらにほうれん草やカリフラワーなどにプリン体が多く含まれているといわれています。栄養価が高く、カロリーが高い食品にはプリン体が多いといわれていますのでバランスを考えた食事をするようにしましょう。

 

飲み過ぎに注意!

 

痛風の予防や改善に注意したい生活習慣の一つに飲酒が含まれており、そもそも一般常識として痛風を発症してしまったらアルコールは控える必要がありますが、この理由はアルコール摂取によって尿酸値が高くなるからです。アルコールの中でもビールにプリン体が非常に多く含有されているということも覚えておきましょう。

 

人によっては毎日飲酒をするという習慣がある方が居ますが、そういう方の痛風のリスクは通常の2倍だといわれており、それがビールの場合はさら高いリスクになります。

 

ビールというのはプリン体を豊富に含有しており尿酸を増やしてしまいます。つまり痛風を発症して、現在治療中であるという方はもちろん尿酸値が高いと健康診断などで指摘された方はビールを飲むことを控えるようにしてください。

 

アルコールというのはカロリーを吸収しやすいので痛風の治療中をしているのでしたら特に飲酒は避けてください。ただ、飲酒しないことが極度のストレスになってしまうと、ストレスによって尿酸値が上がることもありますので、そういう場合に関しては事前に医師と相談した上で適量を飲むようにしてください。

 

さらに利尿作用がある飲み物を飲むということも大切になります。痛風ではない方というのは尿酸は尿から排出されます。ですので尿を出来るだけだして尿さんが溜まらないようにすることが大切です。

 

ちなみに痛風の自覚症状がでてしまい、症状が収まってもアルコールを過剰摂取してしまえば確実に再発しますので症状が収まってもアルコールを控えるということは続けるようにしてください。とにかく生活をする上で色々なことに注意して痛風を改善するように努めましょう。

 

痛風に良い食べ物と悪い食べ物

 

良い食べ物

 

痛風を患ってしまうと食事制限などをしなければいけないということがありますが、その上で痛風を改善したい場合にいい食材というものを紹介します。

 

そもそもプリン体が根本的な痛風の原因になりますので、出来るだけプリン体の含有量が少ないものを摂取することでリスクを低下させることができます。100g当たりに含有されているプリン体の含有量と食材の内容をしって痛風を少しでも改善する努力をしましょう。

 

ではプリン体の含有量が少ない食材に関してですが鶏卵0mg、うずら卵0mg、牛乳0mg、焼酎25%0mg、ウイスキー0.1mg、ブランデー0.4mg、ワイン0.4mg、豚クビ0.5mg、日本酒1.2mg、イクラ3.7mg、チーズ5.7mgあたりになります。

 

それ以外にも小麦粉、グリンピース、湯豆腐、豆乳などもプリン体の含有量は少ないですが、特に少ないものを選びながら食事に取り入れるようにしましょう。

 

さらにプリン体が少ない食品を選ぶということは重要になりますが、同時に尿のpHをアルカリ性に寄せるということも重要であり、そもそも痛風の原因になる秒さんというのは酸性度の高い尿に溶けにくく、アルカリ性に溶けやすいので、それによって尿酸値が下がっていくということになります。

 

アルカリ性に近づけるために、どういった食品を摂取すればいいのかというと、わかめ・ひじき・昆布・ほうれん草・ごぼう・ニンジン・キャベツ・アスパラ・かぶ・なす・里芋・さつまいも・じゃがいも・メロン・バナナ・グレープフルーツ・干ししいたけ・にんにく・大豆などがいいといわれています。こういった食品を積極的に摂取しプリン体も意識しながら痛風の予防や改善を目指すようにしましょう。

 

悪い食べ物

 

痛風の方、もしくは痛風予備軍の方、痛風を事前に予防をしている方には出来る限り避けてもらいたい、痛風によくない食べ物をまとめています。

 

そもそも痛風といえばプリン体によって尿酸が蓄積されますので、プリン体が少ないものを摂取するということが重要になります。ですので、プリン体が多く含まれているものはできるだけ避けるようにしてください。100gのプリン体の含有量と併せて確認しながら摂取するか考えるようにしましょう。

 

では、早速ですがクロレラ3183mg、ビール酵母2996mg、煮干し746mg、かつお節493mg、ローヤルゼリー403mg、あんこう肝の酒蒸し399mg、干し椎茸380mg、鶏レバー312mg、マイワシ干物306mg、イサキ白子306mgについては特に摂取を控えるようにした方がいいです。

 

これ以外にも、豚レバー、牛レバー、サンマの干物、するめ、カキ、明太子、ほうれん草の芽などもありますが、特にプリン体の含有量が多いのが上記のものになりますので食事の際には気をつけるようにしてください、

 

多いものだと1000mg以上のプリン体が含有されているものもあります。また、サプリメントなどに含まれていることもありますので、確認してもし含まれている場合はもう一度考え直した方がいいでしょう。

 

さらに牛、豚、鶏のレバーやハツ、カツオ、アジ、マグロなどにもプリン体は含有されていますので摂取量には注意しましょう。アンセリンを摂取しようとして魚などを食べてプリン体まで摂取してしまったら元も子もありませんので、アンセリンを摂取したいと考えている場合はサプリメントで摂取することをオススメします。

 

痛風に効く成分をサプリから摂る

 

痛風予防の一つとして痛風に効果のある成分を摂取するというものがあります。例えばビタミン類やクエン酸やカリウムなど尿酸値を下げる効果のある成分をしっかりと摂取することをオススメします。

 

では、具体的にどういった成分が痛風に効果があるのか、またどういう食品に含まれているのかを説明します。まず成分に関してですがビタミンA、ビタミンC、マグネシウム、キトサン、クエン酸、葉酸、アンセリンが効果があるとされています。

 

含有されている食材ですが、ビタミンAはほうれん草以外の緑黄色野菜・海藻類・鶏卵など、ビタミンCは野菜・果物・緑茶など、マグネシウムは海藻類、キトサンはエビやカニなどの甲殻類の殻に含有されているのでサプリメントでの摂取を推奨、クエン酸は柑橘系の果物、葉酸は野菜や海藻類、アンセリンは回遊魚の筋肉などの含有されておりサプリメントでの摂取を推奨します。

 

昨今では痛風に非常に効果があるとしてアンセリンという成分が注目されています。アンセリンというのはニワトリや回遊魚の筋肉に存在している成分であり、休むことなく飛び続けたり、泳ぎ続けたりできるのはこのアンセリンによるものだとされています。このアンセリンというのはイミダペプチドの一種であり、乳酸の分解による疲労回復に効果があるとされており、さらに尿酸値を下げる働きもあることから痛風対策として高い評価を得るようになってきています。

 

とにかく痛風に効果がある成分というものを出来るだけ摂取して予防や改善に努めるようにすることをオススメします。

更新履歴